多汗症の基本と対策

暑い訳でもなく、緊張している訳でもないのに、汗が出てきてしまう。それは多汗症と呼ばれる症状かもしれません。多汗症は体温を調整するために存在する発汗機能が上手く働かないことで起きるもので、全身の発汗が多い全身性と、手のひらや脇など部分的な発汗が多い局所性があります。

 

直接的な健康被害はありませんが、あまりに発汗するために人目が気になったり、仕事に集中できないなど精神的なストレスを抱える場合が多く、治療が推薦されるケースもあります。

普段から多くの汗をかくという事は、代謝を促し大変身体にとっては良い事なのですが、やはり見た目として少しマイナスのイメージを持たれがちになってしまいます。そのような病気を多汗症といいますが、ちょっとした工夫である程度の汗を止めることが出来ます。
それは脇の下にタオルなどの汗を吸い取るものを挟み、少し圧迫をすることで上半身への汗の出を抑制することが出来ます。これは昔から舞妓さんや芸子さんが行ってきた伝統的な制汗方法ですので、気になる方には手軽に試すことが出来ます。