葛根湯は、風邪だけではなく肩こりや乳腺炎にも効果があります。

我が家の薬箱に常にストックがあり、

旅行にも必ず持っていく定番の薬は「葛根湯」です。

 

葛根湯は風邪薬として売られていますが、

特に「風邪の前兆」が現れたときに、速めに葛根湯を飲んでおくと、

だいたいの場合、翌日にはよくなっていることが多く、

かなりの確率で、本格的な風邪をひいてしまうのを回避することができるように感じます。

 

また、葛根湯には血行を良くする効果があるそうで、

酷い肩こりに悩まされているときに葛根湯を飲むと私の場合、1日ほどで軽快できることが多いです。

 

娘に授乳をしていたときも、葛根湯は手放せない存在でした。

授乳をしている人に起こりがちなトラブルの1つである「乳腺炎」ですが、

この乳腺炎にも、葛根湯は優れた効果を発揮します。

胸がガチガチになってしまい、高熱を出してしまうような酷い乳腺炎でも、

葛根湯を服用すると、しこりが徐々に柔らかくなって、乳腺のつまりが取れる効果があります。

私の場合、何度か乳腺炎になりましたが、

一度も病院に行かず、全て葛根湯の服用で乳腺炎を解消できました。

 

このように、様々な効果が期待できる葛根湯は、

2歳以上の子どもから、お年寄りまで服用できるので本当にお勧めの常備薬です。

レバーの栄養と食べ方