生ものや発酵食品を食べて酵素を摂取!

酵素というものが健康的な成分としてとても人気になっています。

この酵素ですが、もともと熱に弱いという特徴があるため、実は酵素が豊富にあると言われている野菜などでも、加熱することによって酵素が壊れてしまうという特徴があります。

この酵素が壊れてしまうと言われている温度は48度くらいから壊れ始め、60度くらいでは壊れやすくなっています。

酵素の種類によってもこの壊れてしまう温度は異なりますが、やはり高温で長時間加熱をしてしまうと酵素は壊れやすいので、できれば生のものを摂取することで酵素を効率的に摂取することが出来ると言われています。

発酵食品の中にも酵素がとても多く含まれています。

塩麹がとても流行りましたが、この塩麹も発酵食品で、酵素がとても多く含まれています。

塩麹を肉類に塗布すると柔らかくなるのは、塩麹の中の酵素がタンパク質を分解するからだと言われています。

塩麹に限らず、発酵食品には酵素がとても多く含まれていますので、生野菜と発酵食品を食べることでなるべくたくさんの酵素を摂取するようにするとよいのではないでしょうか。

ダイエットのお助けMAN 痩せるんジャー!